カントン包茎

MENU

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼

カントン包茎はあまり聞き慣れない言葉ですが、包茎の一種で漢字では嵌頓包茎と書きます。一般的に包茎といえば仮性包茎や真性包茎を思い浮かべますが、カントン包茎の場合はこのどちらにも該当しません。カントン包茎は特異な症状で、体に大きな負担をかけてしまう要因にもなりかねません。カントン包茎の特長としては、亀頭が露出する包皮口が狭いということがあります。無理に剥いてしまうと、狭い包皮口の輪が亀頭を締め付けて...

カントン包茎は個々の症状により治療が必要か否かの判断は異なります。締め付けが大きいケースでは、狭くなった包皮口を切除するしか方法はありません。では、具体的にどのような手術方法を行うことになるのでしょうか。緊急の治療を必要とするケースとしては、亀頭が締め付けられてから時間が経過した場合があげられます。基本的な治療としては、用手整復を行うことになります。それが難しい場合には、膨張している陰茎に注射を刺...

カントン包茎の手術後は患部を癒し、体を休ませなければなりません。では、具体的にどのようなアフターケアを行い、また日常生活を送る上での注意点などはあるのでしょうか?カントン包茎の手術では、術式の違いにより切開する範囲が異なります。小さく切除するだけで済むケースもあれば、陰茎を1周するように切除するケースもありますので、回復までのケアや日数に大きな違いが生じることもあるでしょう。一般的なアフターケアと...

包茎手術ではどのような種類の包茎かにより、健康保険適応の可否が大きく変わります。では、カントン包茎の場合はどのように規定されているのでしょうか。仮性包茎の場合はそのまま治療を行わなくても身体に何か問題が出る事もなく、日常生活を困難にするなどの大きな支障が出てくるということもありません。必ずしも必要である手術とはいえませんので、仮性包茎の手術は全額自己負担というのが基本となります。一方でカントン包茎...

カントン包茎の治療について興味を持ち、インターネット等で調べてみると実に多くの病院が見つかります。お住まいの地域やその近辺にある病院のみをピックアップしても、相当数にのぼることでしょう。では、一体どこへ行けば良いのでしょうか?大まかに分類すると、複数の診療科目がある病院の泌尿器科と、整形外科の一つの項目として包茎治療を行うクリニック。さらには、包茎や男性器に限られた治療を専門で行うクリニックなどに...